あゆ台湾ライブ・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あゆ台湾ライブ


僕も大好きな浜崎あゆみ(28)が24日、3月の埼玉から始まったアジアツアーの海外第1弾・台湾公演を台北市の台北アリーナで行った。海外でイベントでの歌唱はあるが、コンサート開催は初。日本と同じ600トンのセットをそのまま持ち込み、貫録のステージを披露。現地マスコミも24時間態勢で追いかけるなど、大フィーバーで“アジアの歌姫”ぶりを存分に見せつけた。(台湾でもこの人気ぶり!!さすが日本の歌姫) 引用:yahoo!ニュース
 会場が揺れるほどの大声援が響き渡った。アンコールにはいった直後、浜崎あゆみが「ウォー・アイ・ニー(愛してます)」と北京語であいさつ。さらにラストの曲「Who…」でも、サビの部分を北京語で熱唱。熱狂さでは日本をしのぐといわれる台湾のファンを、さらにヒートアップさせた。  02年の写真集PR以来2度目となる台湾。しかも今回はアジアツアーの海外公演第1弾。海外での初のコンサート。その意気込みは、並々ならぬものだった。  派手な演出がウリのあゆのライブ。今回は、600トンものセットをそのまま船便で持ち込み、日本と全く同じショーを展開した。さらに「Boys & Girls」ではサンバ風のド派手な衣装、アルバム「A BEST2-BLACK-」に収録されている新曲「part of Me」では着物で登場。早着替えやイリュージョンも披露。全20曲。堂々のパフォーマンスを見せた。(一度は見たいものです。)  21日に台湾入り。その直後から現地では大フィーバーとなった。空港には10台のテレビカメラが待ち受け、入国の様子は生中継された。ファン、マスコミは車をチャーターして24時間態勢であゆの動向をチェック。「2時間20分で95万台湾ドル(約330万円)の買い物をした」との報道も。(お金の使い方も違うな~)  今回のチケットも、わずか2時間で完売。同会場でのライブでは最速完売を記録するなど、知名度、人気は欧米のスターを超えるもの。“アジアの歌姫”の貫録を存分に見せつけた。
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。