特別インタビュー 山口智子・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別インタビュー 山口智子


 このところ、立て続けに新たな試みに挑戦している。一昨年の「ゴッホ」に始まって、昨年は「女帝エカテリーナ」、今度は「伝統工芸」だそうだ。4月1日、テレビ東京で「山口智子 手わざの細道」(午後4時~)が放送される。女優・山口智子(42)に何があったのか――。 夫・唐沢寿明の反応は?
「2年ほど前、オランダの美術館を訪ねながら、ゴッホと安藤(歌川)広重との関係を仕事でリポートさせていただいたのがキッカケで、木版をはじめとする日本の職人技の素晴らしさに、恥ずかしながら40歳を過ぎて初めて触れたんです」  世界的な画家やアーティストが驚嘆し、憧れた精巧な職人技。その魅力のとりことなった山口は、帰国後すぐに浮世絵の彫師や絵師を訪ね歩いた。そんな興味の対象はやがて、先に挙げたような伝統工芸全般へと広がっていく。 「始まりは、手仕事の作品が欲しい、使ってみたいという物欲です(笑い)。でも、量産できない手づくりのものは、工房まで訪ねていかないと買えないものも多くて、それで、直接工房を訪ねたりするうちに、いろいろとお話をうかがう機会が自然と増えていきました」  約1年間にわたるそうした“取材”活動が、今回の番組につながった。プライベートでも伝統工芸品に夢中という。 「すごいんですよ。ガラスペンなんて一回インクをつければ軽くハガキ1枚くらいはもつし、書き味もすごくいい。万年筆のペン先など太刀打ちできないくらいの機能と美をあわせ持っているんです。筆無精の私が手紙を書くようになりましたから。一度使ったら、もう二度と手放せないという感じです」  なにしろ、自宅の食卓でも江戸木箸を使っているという凝りようだ。夫であり俳優の唐沢寿明は、そんな山口の様子をどのように見ているのか? 「まったく、無反応ですよ(笑い)。彼も役者という分野での職人かもしれませんが」  江戸時代の浮世絵師・鍬形惠斎(くわがたけいさい)の木版画や、江戸小紋をモチーフにした洋服を、独自のブランド「山笑う」のなかでも展開しているという。 ●女優よりも伝えたいこと 「江戸小紋の柄などは、最高に洗練された究極のデザインですよ。精密な柄をパソコンなどで機械的に繰り返して描くのと、職人技の感覚で精巧に描いていくのでは大違い。センスある微妙なくずしというか遊びの精神が、本当に品のある美しい小紋を生むんだそうです。やっぱり、人間が心をもってつくりだすものには、絶対に機械では真似できない何かがある。そこがおもしろい。そういうものに触れることで、こちらの精神もきりりと引き締まるし、毎日がとても豊かに変わり出す。心のこもったものに囲まれる暮らしは本当に楽しいですよ」  ところで、女優業のほうがどうなっているのか気になるところ。 「そういう職人技の世界をのぞき見るようになって2年。私なんてヒヨッコですから、今はそれをドキュメンタリーというカタチで伝えたり、文章で伝えたりするのが精いっぱいですよ。まだまだそういう職人技は日本全国にありますし。日々、学ぶ楽しさ、出会う楽しさを伝えたいですね」  女優・山口智子はしばらくお預けのようだ。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。