セクハラ騒動に「みの」激怒 TBS抗議・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラ騒動に「みの」激怒 TBS抗議


TBSの女性アナウンサーがみのもんた氏にセクハラを受けて番組を降板した、とする報道が波紋を広げている。週刊誌の取材に対して、TBS側がセクハラの存在を否定しなかったため、みの氏は「TBSを絶対に許しませんから」「TBSに抗議を申し込みましたから」と激怒したという。一方、TBS側は、J-CASTニュースの確認取材に「今後一切ノーコメント」と明言するなど、かなり過敏になっている様子だ。真実が知りたいですね。
女性アナウンサーに電話攻勢? 問題を最初に報じたのは「女性セブン」2007年4月12日号(首都圏では3月22日発売)。みの氏がメインキャスターを務める早朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」に出演していた女性アナウンサーが06年10月に突然出演しなくなった背景を伝えている。それによると、06年夏ごろから、みの氏が女性アナウンサーに電話をかけるようになり、その内容が次第にエスカレート。女性アナウンサーは上司に相談、その結果、降板に至ったのだという。同誌はTBS関係者の声として 「とうとうみのさんはAアナに”ボクの愛人になったらメインキャスターにだってしてあげられるから”とまでいい始めたそうです。怖くなってしまったAアナは再び上司に相談したんですよ。そうしたら、それからまもなく降板になったというんです」 という声を紹介している。一方のみの氏はセクハラを否定、 「局もひどい、おかしいよ。彼女から相談を受けていたのなら、ぼくに言うべきだよ。今回の件はとてもしゃれですむ話じゃないね」 と、TBS側の対応に不信感をあらわにした。 今回は、会社も相手の女子アナも問題にして居ない様だから「ギリギリ」とぼけ通して終わるだろうけど、 いずれ、また「病気」が出るだろうね! 「相手は、『×× 愛×』ANなの?」
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。