バルテズ“ブチ切れ帰宅”の真相は?・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルテズ“ブチ切れ帰宅”の真相は?


 1日のリーグ・アン第30節で、同じく2部降格の危機に立つスダンと対戦して敗れたナント。昨年12月には、切り札として一時現役を引退したバルテズを復帰させ、起死回生を図った。ところがシーズン終盤に来て、そのバルテズの失点で最下位に転落、加えて彼の行動がクラブに混乱をもたらしている。
 バルテズはスダン戦で、凡ミスにより得点を許した。その10分後に交代し、試合終了を待たずに自分の車でスタジアムを後にしている。表向きは、試合序盤で痛めた太腿の治療のため、という理由だった。ところが、デル・ザカリアン監督は試合の翌日、「バルテズはケガをしていない。試合中の帰宅はケガが原因ではない」とラジオのインタビューで答え、波紋を呼んだ。  翌3日にはナントのルシヨン会長が“火消し”に現われた。会長は、バルテズが「たしかにケガをしており」、その治療のために「帰宅すると説明を受けた」と語っている。バルテズが自分に腹を立て、帰宅はその怒りを鎮めるためでもあったことは認めたが、「“バルテズ事件”などない」と強調している。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。