楽天が苦手ハムに連勝で最下位脱出・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天が苦手ハムに連勝で最下位脱出


仙台の空さえびっくりしたのかもしれない。野村楽天が日本ハムを下し連勝で最下位脱出。ハイタッチを行うナインを祝福したのは、突然のあられのシャワーだった。  「雪が降っているよ。積もるよ、きょう。最下位脱出?そうなの。居心地悪いな。うっかりしてられないよ」
 野村監督が驚くのも無理はない。昨年3勝17敗と大敗したチャンピオンチームに快勝。4連敗だった八木を打線が攻略した。3回2死満塁から4番・フェルナンデスの中前打で先制。八木から21イニング目の得点を奪えば、7回には2番手・押本に襲いかかった。2死満塁から5番・山崎武の右中間三塁打などで4点を追加。1日のオリックス戦で史上3度目の1イニング満塁弾2発を演出した“グランドスラムコンビ”が再び爆発した。「ホームランより(三塁打の方が)難しいけど、ホームランの方がいいな。反対方向に強い打球がいくのは悪くない」。この時点で打率1割台ながら打点10で打点王に躍り出た38歳のベテラン・山崎武は胸を張った。  寒さ対策のため平日にもかかわらずこの3連戦はデーゲームに設定された。集まった1万900人の前での最下位脱出を演出した山崎武は「もうチョイ、頑張りましょうか」と約束。あられごときで熱が冷めるような、春の珍事ではない。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。