中村獅童・竹内結子 ドロ沼の法廷闘争に突入するか?・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村獅童・竹内結子 ドロ沼の法廷闘争に突入するか?


 あの破局から5カ月。中村獅童(34)と竹内結子(26)の離婚協議がドロ仕合になってきた。  竹内は先週、映画復帰作「サイドカーに犬」の完成会見に出席。重い口を久しぶりに開いたかと思ったら、「人生切り開いていける強い女性になりたい」「自分に対して諦めちゃいけないな、という気持ちもある」と意味深な発言を連発した。  
 芸能関係者の話。 「竹内は獅童と徹底的にやり合う覚悟を決めたのではないか。今年初めには、2人の間で離婚条件がまとまり、3月には離婚が成立するとみられていました。だけど土壇場になって、獅童側が離婚後も定期的に1歳の長男に会うための“面接権”を要求したり、獅童の母親が孫に歌舞伎の稽古をさせるという条件を新たに提示したというのです。これに竹内が反発。“子供に一切会わせない”と態度を硬化させたといわれていて、協議が平行線になりつつあります」  竹内は現在、「ソニーエリクソン」など5本のCMに出演中。7月スタートの“月9”ドラマのヒロインに決まりかけていたともいわれ、ネガティブなイメージが強い離婚騒動は早々にケリをつけるとみられていた。 「獅童は“すっきりして本格的に仕事を再開させたい”と意欲的な竹内の足元を見て、新たな要求も受け入れると踏んだのではないか。ところが、竹内は予想に反してドラマの仕事を諦めて獅童とやり合う道を選んだわけです。“想定外”の展開に獅童は頭を抱えているはずです。最近は東京・西麻布のバーでひとりでグラスを傾けたり、歌舞伎町のキャバクラでうっぷんを晴らす姿が目撃されています」(芸能リポーター)  このまま協議離婚に失敗すれば、訴訟に発展する可能性も考えられるが……。 「法廷闘争はあり得ないと思います」とは前出の芸能関係者。 「裁判になると、獅童は岡本綾などとの女性関係を赤裸々に暴露される可能性があります。一方の竹内も映画監督や俳優の大森南朋との不倫疑惑が報じられ、リスクがないわけじゃない。本格的に刺し合う手前で折り合いをつけるはずです」  ますます混沌としてきた。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。