眞鍋かをり、セクシードレス姿で「本当の愛を見せつける」と大胆宣言・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眞鍋かをり、セクシードレス姿で「本当の愛を見せつける」と大胆宣言


 7日、都内スタジオで、香港生まれのアクション大作『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』の公開アフレコが行われ、眞鍋かをりとアンガールズが、日本語吹替えに挑戦した。  主人公の恋人、ローザ役の声を務める眞鍋は、美しく力強いヒロイン像を意識した、セクシーなドレス姿で登場。単なるゲスト出演ではなく、劇中の重要キャラクターということもあり、真剣な表情でマイクに向かった。「わたしがダメだと、作品も台無しになってしまうから」と眞鍋。
 しかし、記者との質疑応答中、後ろに貼られたポスターがひらりと落ちるアクシデントもあり、「ちょっと、大丈夫ですかね~」と不安な表情を浮かべる一幕も。気を取り直して、意気込みを語る眞鍋は「(主人公との)本当の愛を見せつけます!」とコメントし、自分に気合いを入れていた。  一方、主人公ドラゴンの決めポーズが、おなじみのギャグ「ジャンガジャンガ」に酷似しているという理由で、アフレコに初挑戦することになったのが、アンガールズの田中卓志と山根良顕。この日、田中は、演じるキャラクターに合わせて、メガネ姿を初披露したが、「周りからすごく不評で、本当はいやなんです。(記者に向かって)みなさんも、全然いじってくれないし」とグチ。  しかし、眞鍋からは「メガネをしていたほうが、いいですよ!」と絶賛され、まんざらでもない様子だった。肝心のアフレコも、NGを11回出した山根に対して、田中はほぼ一発OKで、早速、メガネパワーを発揮していた。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。