和田アキ子「わだ家」におまかせ!・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田アキ子「わだ家」におまかせ!


歌手の和田アキ子(56)がオーナーを務める東京・西麻布の和食店「お菜屋 わだ家」が11日にオープンすることになり7日、マスコミ向けレセプションが行われた。アッコの実物大の右手をかたどったドアノブに、入り口には足形(26・5センチ)がライトアップ。豚しゃぶのほか、アッコの好物である漬物、一夜干しがメニューに並び「私は多分、入り浸る」と宣言。芸能人仲間も多く誘っており、注目を集める店となりそうだ。
 今年10月25日に節目のデビュー40周年を迎えるアッコは料理が得意であることでも知られているが、芸能界やファンに「感謝の気持ちを形にしたい」と和食店をオープンした。  西麻布のビルの地下1階。ドアノブはアッコの大きな手の形。握手する形で少し暗い店内に入ると、入り口の床には血管が浮き出るほどリアルなアッコの26・5センチの足形がライトアップ−。そこで逃げ帰らなければ落ち着いた雰囲気で和食が楽しめる。  メニューの中心は、うどんをベースにホルモンの唐揚げが入った特製ダシの豚しゃぶ。10種類の漬物は地元・大阪から取り寄せた。好物の一夜干し、アッコの手のサイズの(18・6センチ)のコロッケ、冷ややっこならぬ「冷アッコ」も。スタッフも大阪から呼んだ。  「一般の方にも来てほしい」と飲み物は500円から、“裏メニュー”の150万円のワインまで。「仕事が終わって来たい」と深夜5時まで営業。BGMはジェームス・ブラウンらのブルースにこだわっている。「10代の街の不良から気がついたら50代。わが家のようにくつろげる店にと。出来は98点」とお気に入りで「私は多分、入り浸ります」と宣言した。  みのもんた(62)、島田紳助(51)、久本雅美(46)らも楽しみにしているそうで、さらに芸能人の多くが“強制招待”されそう。Rソックスの松坂大輔(26)にも「日本に帰って来た時に寄ってほしい」とラブコール。5月26日には大阪・梅田店もオープンさせる予定だ。  ◆「お菜屋 わだ家」 東京都港区西麻布3の1の20 Dear西麻布B1F TEL03・5785・0410。34席(個室1室)。主なメニューは浪速流豚のしゃぶしゃぶ(1人前2400円)、わらじコロッケ(980円)、わだ家の大根漬け(580円)。コースは5200円から。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。