「帰ってきた時効警察」、深夜枠ながら春ドラ期待度No.1・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「帰ってきた時効警察」、深夜枠ながら春ドラ期待度No.1


 いよいよスタートする春の連続テレビドラマ。この1月にスタートしたドラマでは、平均視聴率が20%を越える作品が3本と連続ドラマ自体が大きな話題を集めていたが、4月からのドラマでも期待作が続々と登場する。そんななかORICON STYLEでは、放送直前の期待度ランキングを発表!大激戦となった今回のランキングを制したのは、なんと深夜枠のあのドラマの続編だった。
 人気コミックが原作、ヒット作のシリーズもの、注目タレントや俳優のキャスティングなど、今クールも話題を集めている連続ドラマ。その放送前の期待度ランキングでは、深夜枠で大人気を博したあのドラマの続編『帰ってきた時効警察』(テレビ朝日系)が見事、激戦を制してトップに立った( 期待度ランキング表はこちら )。  昨年1月から放送された『時効警察』は、深夜枠としては異例の「ATP賞テレビグランプリ」ドラマ部門最優秀賞を受賞したミステリーコメディーの傑作。今作でも、時効管理課の霧山(オダギリジョー)が、時効が成立した事件を趣味で捜査する。放送作家の三木聡氏ら豪華な脚本、演出陣にも注目が集まっている。  アンケートからは「前作をみてハマッた」という声が多く集まっており、世代別でみると40代からの関心が高いところも興味深い。  これに続いて僅差で2位、3位にランクインしたのは、それぞれ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)と『バンビーノ!』(日本テレビ系)。  『プロポーズ大作戦』は、山下智久と長澤まさみが主演を務めるフジ月9のラブコメディー。『ドラゴン桜』(TBS系)以来、2年ぶりの共演に注目が集まる。  一方、『バンビ~ノ!』は、新米料理人の成長を描く同名人気漫画のドラマ化。松本潤が『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)以来、約6年ぶりに連続ドラマに主演する。前クールの大ヒットドラマ『ハケンの品格』と同じ水曜22時のオンエア。同枠からの今クールでのヒットも期待される。   春の連続ドラマ、放送直前・期待度ランキング表 はこちらへ。 引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000026-oric-ent
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。