吉田照美、「ソレダイジナトコ」で勝負!・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田照美、「ソレダイジナトコ」で勝負!


 あの吉田照美が朝に殴り込み!? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000009-sanspo-ent  文化放送の朝6時~8時30分枠の番組に、吉田照美(55)が起用された新番組「吉田照美 ソコダイジナトコ」が、2日からスタートした。この時間帯はTBSが森本毅郎(67)、ニッポン放送が森永卓郎(49)を起用し、人気を分け合う激戦区として知られている。  
吉田といえば、かつて「てるてるワイド」で夜を制し、続いて「やる気MANMAN!」で昼を制しただけに、史上初の朝・昼・夜の3冠制覇に向け、どんな戦いを挑むかが注目されている。  新番組は、56歳になり熟年の域に達した吉田が、リスナー代表として、話題のニュースや気になる点、納得いかない点をレギュラーコメンテーターや電話スピーカーにぶつけ、分かりやすく解説してもらおうというもの。当然、吉田の番組らしくサプライズ満載だ。  番組アシスタントは、元BSN新潟放送アナウンサーの枦山(はしやま)南美(27)。レギュラーコメンテーターは、作家の井沢元彦氏(53)、ジャーナリストの内田誠氏(51)、日大教授の高木美也子氏(55)、詩人のアーサー・ビナード氏(39)、ジャーナリストの江川紹子氏(48)。電話スピーカーはスポーツライターの玉木正之氏(55)、イーデス・ハンソン氏(67)らそうそうたる面々。内容も通勤情報やニュース解説、さらには健康や趣味まで盛りだくさんだ。  吉田は「朝はTBSの森本毅郎さんの牙城だが、ボクは昼では毅郎さんに負けたことはない。なんとか肉薄したい」とやる気マンマン。今後の戦いが楽しみだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。