映画「HERO」に幸四郎&タモリ・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「HERO」に幸四郎&タモリ


「HERO」木村拓哉演じる久利生に最強のライバル松本幸四郎 高視聴率を誇る「HERO」だけにいろいろと話題があります。 木村演じる検事・久利生公平と法廷で対決するのは、ななんと、松本幸四郎演じる敏腕弁護士・蒲生一臣。 松たか子との親子共演も楽しみですね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000029-sph-ent SMAPの木村拓哉(34)が主演する映画「HERO」(鈴木雅之監督、9月8日公開)に、歌舞伎俳優・松本幸四郎(64)が出演することが15日、発表された。 木村演じる検事・久利生(くりゅう)公平と法廷で対決する“刑事裁判無罪獲得数日本一”を誇る敏腕弁護士・蒲生一臣(がもう・かずおみ)役で登場。 シリーズ史上最強のライバルとして注目を集めるとともに、女優・松たか子(29)との親子共演も話題を呼びそうだ。
 SMAPの木村拓哉(34)が主演する映画「HERO」(鈴木雅之監督、9月8日公開)に、歌舞伎俳優・松本幸四郎(64)が出演することが15日、発表された。木村演じる検事・久利生(くりゅう)公平と法廷で対決する“刑事裁判無罪獲得数日本一”を誇る敏腕弁護士・蒲生一臣(がもう・かずおみ)役で登場。シリーズ史上最強のライバルとして注目を集めるとともに、女優・松たか子(29)との親子共演も話題を呼びそうだ。  映画版「HERO」で、型破りな検事・久利生公平と対決、窮地に追い込むシリーズ最強のライバルが決まった。歌舞伎俳優・松本幸四郎で、敏腕弁護士の蒲生一臣を演じる。  蒲生弁護士は、冷静沈着で、刑事裁判の無罪獲得数日本一を誇る“記録ホルダー”。今回、久利生は、容疑者が犯行を認めている傷害致死事件を担当するが、蒲生弁護士が一転、無罪を主張する。理路整然とした物言いで、久利生を徹底的に追い込む役どころ。連続ドラマ、特別ドラマを通じても、最強で最大のライバルだ。  幸四郎にとって、本格的な映画出演は主演映画「良寛」(97年)以来、10年ぶり。幼いころから毎週、映画館に通いつめるほどの映画少年だった幸四郎は「ボクは舞台、テレビとやってきましたけれど、その中でもとりわけ映画には思い入れが強いです」とコメント。  ドラマ「HERO」を毎週欠かさず見ていたというだけに早くも気合十分だ。SMAPとはバラエティー番組では共演経験があるが、ドラマ、映画を通じて木村とは初共演になり「今から楽しみですね。期待で胸がワクワクしています」と話す。  加えて注目されるのは久利生の担当事務官・雨宮舞子役で出演する娘の松たか子との共演。「四月物語」(98年)では松演じる主人公の父親役として家族総出で出演したが、出演シーンは少なかった。今回は木村を通じて、松とも対決する図式になるだけに、“親子対決”にも注目だ。  ドラマ、舞台で様々な役柄を演じている幸四郎だが、弁護士役は初挑戦。知人の弁護士に台本のチェックを依頼するなど役作りへの姿勢も申し分ない。「人間の本当の意味でのあるべき生き方、あるべき姿を『HERO』は示していると思います。映画をご覧になった観客の方々、一人一人の中に生きる糧、生きる希望、勇気みたいなものを感じて頂ければ幸いだと思います」と話している。 引用:yahooニュース
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。