志賀原発で放射能帯びた水飛散=地震の揺れで、燃料プールから-能登地震・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志賀原発で放射能帯びた水飛散=地震の揺れで、燃料プールから-能登地震


北陸電力は25日、運転停止中の志賀原発1号機(石川県志賀町)の原子炉建屋にある使用済み燃料プールから、放射能を帯びた水約45リットルが屋内に飛び散ったと発表した。地震の揺れによるものとみられる。外部環境への影響はないという。影響はないとはいえ怖い話です。 引用:ライブドアニュース  
 北陸電力によると、同プールは原子炉で使用した後の核燃料を貯蔵するためのもので、水で満たされている。普段は上部にふたがあるが、地震発生時には作業のため外されていた。 
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。