「つけ麺」元祖「大勝軒」閉店 「しばらくして再開」説も出る・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「つけ麺」元祖「大勝軒」閉店 「しばらくして再開」説も出る


「つけ麺」の元祖といわれる東池袋の「大勝軒」が07年3月20日に閉店する。都の再開発事業で立ち退くことになったからだ。一方、公式HPともいえる「山岸 大勝軒」を見ると、いったん閉店した後、再開を匂わす文面が掲載されていて、ファンの間ではちょっとした話題になっている。
社長は「もうやらない」と伝える 「山岸 大勝軒」HPに書かれた東池袋「大勝軒」閉店の知らせ 45年もの歴史を持つ老舗は、日本一行列のできるラーメン店ともいわれ、熱狂的なファンを抱えていた。「山岸 大勝軒」HP上には、東池袋「大勝軒」が閉店するとした上で、 「しばらくご不自由をお掛け致しますが、その間は『南池袋大勝軒』をご利用ください」 と山岸一雄社長の名で書き込まれている。 「しばらく」の「ご不自由」を我慢すれば、東池袋「大勝軒」は復活するのだろうかと店に直接たずねてみると、東池袋店の店長は 「(山岸社長は)もうやらない」 と周囲に伝えている、とJ-CASTニュースに答えた。 「内部」で思惑が交錯、再開の行方は? 「山岸 大勝軒」HPには、創業の詳細や古い写真などがアップされていて、東池袋「大勝軒」の歩んできた道や、店のこだわりがわかるようになっている。 「大勝軒」には直営店やフランチャイズの区別はなく、山岸社長から味を受け継いだ店はみな「大勝軒」と名乗っており、その数100軒ほど。ただ、この中で、「東池袋」「南池袋」「滝野川」3店舗だけがHPに載っている。 「閉店」通知の意味や、3店舗のみが紹介されていることについて、J-CASTニュースは複数の関係者に話を聞いた。すると、HPの制作は「滝野川店」と「南池袋店」が独自に行い、東池袋店閉店後に再開を匂わす文言も、この「滝野川店+南池袋店」によるものだということがわかった。しかも、実際に「滝野川店+南池袋店」は東池袋店の再開を進めているという話をするスタッフもいた。 一方本店である「東池袋店」には、独自に再興を進めたいという思いもあるという話もあり、「東池袋店」と「滝野川店+南池袋店」の間はどうもしっくりいっていないようで、真相は「藪の中」だ。 引用:j-castニュース ちょうど以前厚木大勝軒に出かけて行ってつけ麺を食べてきました。650円で大盛りでした。完食できませんでした。今度はこもりにしてもらおうと思っております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。