4割が「最大の脅威はイラン」=軍事行動には慎重-米調査・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4割が「最大の脅威はイラン」=軍事行動には慎重-米調査


 【ワシントン27日時事】米国にとって最大の脅威はイランであると考えている米国民の割合は41%と最も多いことが27日公表された世論調査会社ゾグビーの調査結果で明らかになった。北朝鮮を最大の脅威とみなす回答は14%にとどまった。
 調査結果によると、イランがイラクの武装勢力を軍事的に支援していると考えている割合は73%に達し、イランが直接、米軍攻撃に関与しているとみている人も56%に上った。しかし、イラク武装勢力に対するイランの支援が、対イラン軍事行動の十分な理由にはならないと考える割合は45%で、理由になるとする37%を上回った。 引用:時事通信社
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。