小林麻耶に引き離される一方の青木裕子・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林麻耶に引き離される一方の青木裕子


 4月改編でテレビ局の中でバタバタしているのが女子アナ。社内の“異動”などで熱い火花を散らしているが、なかでも注目を浴びているのが小林麻耶(27)と青木裕子(24)の“二枚看板”といわれるTBS内のバトルだ。
 日曜午前の情報番組「サンデージャポン」の司会者の青木が「王様のブランチ」の小林を超える活躍をできるかが焦点だが、期待に反して青木は小林に引き離されているようだ。発売中の「フライデー」が掲載している「女子アナ潜在視聴率リスト」によれば、1位小林と2位青木の差は縮まらず、青木は数値が前回よりもダウンしている。 「ぽっちゃりした小林は万人受けするタイプ。一方の青木はずうずうしいタイプで、小林とは正反対のキャラクターです。青木は昨年1月に『サンジャポ』の番組ディレクターとの不倫騒動を起こしたことが今も大きく響いている」(事情通)  青木の長所は相手がどんな大物でも我関せずでズケズケと物をいう点だ。「サンジャポ」でも司会の爆笑問題や大物ゲストを相手に堂々としている。しかし、タレント連中からも「態度がデカイ」とブーイングを浴び、評判はよくない。  存在感だけなら、民放で一、二を争う大物アナだが、人気がまだ追いついていないようだ。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。