韓国の女子高生、喫煙率が成人女性の2倍!?・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の女子高生、喫煙率が成人女性の2倍!?


 韓国の中高生は過度な勉強の負担と競争にストレスを感じ、20人中1人は自殺を試みたことがあることが分かった。特に、たばこを吸ったり酒を飲んだりする中高生は、性経験や自殺経験率も高いことが分かった。 タバコをやめる人が増えてきている中、若者の喫煙は何処の国でも増えてきているのですね。
率は38.5%で、成人女性の飲酒率36.3%より高かった。喫煙や飲酒の経験がある場合、自殺経験や性経験がある割合も高かった。  喫煙者のうち、飲酒率は75.8%、性経験率は21.6%、自殺経験率は11.2%に及んだ。飲酒者の 疾病管理本部は29日、「青少年健康政策フォーラム」を開催し、韓国の中高生8万人を対象に飲酒喫煙など健康状態を調査した結果を発表した。これによると、中高生がたばこを初めて吸う年齢は5年ごとに1歳ずつ低年齢化している。1998年の平均15歳から昨年は12.4歳まで下がり、高校3年生は5人中 1人がたばこを吸っていることが分かった。特に、女子高3年生の喫煙率は12.4%と、成人女性の喫煙率5.8%(2005年)より2倍以上多かった。  飲酒を始める年齢も大幅に低年齢化し、平均15.1歳(1998年)から昨年は12.6歳になった。特に高校3年生は約半分が酒を飲んでいることが分かった。女子高3年生の飲酒中では喫煙率が34.8%、性経験率が14.7%、自殺経験率が9.2%で、飲酒よりもたばこを吸う中高生に社会逸脱行為を行うケースが多かった。  また、ここ1年間で自殺を試みた人の割合が全体の5.5%に及んだ。ストレスを感じると答えた人は昨年46.4%で、成人の35.1%よりも高かった。  このほか、中高生はエネルギーの摂取量は増える半面、体を動かさなくなるため、肥満者がここ7年間で2倍以上増えた。肥満率は1998年の8.7%から2005年には16%に増加した。 引用:ライブドアニュス
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。