「年収3億円」の声も上がる“女帝”安藤優子・国内・海外・エンターテンメント・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「年収3億円」の声も上がる“女帝”安藤優子


“女帝”の威光はますます強まりそうだ。  フジテレビの夕方のニュース番組「スーパーニュース」のキャスターを務める安藤優子(48)にさらなる追い風が吹いている。  発売中の「アサヒ芸能」によると、現在の安藤の推定年収は2億円。「女子アナ長者格付け」の特Aクラスとしてブッチギリのトップを走っている。  さらに、4月からは安藤、滝川クリステル、桜井よしこの3人が顔を揃える新ニュース番組「新報道プレミアA」がスタートする。これで、安藤の年収は「3億円を突破するだろう」という声も上がっている。
「新ニュース番組は滝クリ、安藤というフジの看板女性キャスターが顔を揃えることで早くも話題になっていて、高視聴率を獲得するのは確実です。安藤は『スーパー――』でも同時間帯のニュースの中でずっとトップを維持していて、フジでは“ニュースの女帝”として君臨している。去年、キャスター生活20周年の異例の会見が開かれたのも、安藤だからこそ。当初は『20周年記念特番』の企画まであったというから破格の扱いです。新ニュース番組の数字がよければ、ギャラがさらにハネ上がる可能性もありますよ」(テレビ関係者)  安藤は早くも滝川に対抗心を燃やし、「衣装が派手すぎる」「プライベートに気をつけるように」などとプレッシャーをかけているという。トップの座はまだまだ譲らないということだろう。  プライベートの充実ぶりも安藤を後押ししている。  安藤は昨年12月にフジのプロデューサーの堤康一氏(48)と再婚した。  2人は96年から“不倫関係”がウワサされ、堤氏の離婚が成立したことで結婚に踏み切った。 「堤氏はフジに入社以来ずっと報道局一筋のエキスパートで、ニュース番組の他にも選挙特番などのプロデュースを担当しています。00年から『スーパー――』に安藤を招聘したのも堤氏で、87年から切れ目なくニュース番組のキャスターを務めている安藤にとって、これ以上の後ろ盾はありません」(マスコミ関係者)  まさに、向かうところ敵なし状態の安藤。どこまで上り続けるのか。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。